ドカ食いした翌日の食事は断食にすべき?太らないようにリセットする方法

ドカ食いした翌日の食事は断食にすべき?太らないようにリセットする方法

日頃から食事の量を気にしているのに、ついやってしまうドカ食い。
誰でも経験ありますよね。
でも、やっちまった次の日に断食すれば大丈夫なんでしょうか?
ドカ食いをなかったことにする方法を調べました。

ドカ食いした後にすぐに太るわけではない

ドカ食いしてしまうと、とにかく後悔ですよね。
こんなに食べてしまって‥何キロ太ってしまうの?と翌日の体重がすごく心配です。

でも、安心してくださいね。
結論からいうと、ドカ食いしてもすぐに太るわけではありません。

ドカ食いの翌日に、1キロとか2キロの体重増加があるとしたら、
それは水分を溜め込んで重くなっていると考えてよいです。

水分であって、脂肪分が身体についたわけではありません。
ここ、大事ですよね。

ドカ食いでは、脂肪や糖と一緒に塩分もたくさん取り込まれています。
濃いめの味付けでは、結構な量の塩が使われているものなんです。

塩分がたくさん摂取されると、身体は今度は水分を溜め込もうとするのです。
塩分の濃度を下げようとするんですね。

それで、水分を溜め込んで身体は体重が増えるというわけです。

また、食べ物が消化されて脂肪に変換されるまでは48時間かかると言われています。
つまり、ドカ食いしても翌日までは脂肪になってもいないわけです。

だから、即、翌日のうちに脂肪として身体に付くことは考えられません。

そもそも、人間の身体は1日で500g以上太ることはできないそうですよ。

ドカ食いした翌日の食事は断食にすべきか

ドカ食いの翌日は、懺悔の気持ちもありますよね。
翌日にすぐに脂肪として身体につくわけではないけれど、余分なエネルギーは早めに解消しておきたい。

ドカ食いしてしまったら、翌日に断食すれば問題ないでしょうか?
それとも、身体に悪いのでしょうか?

調べてみると、両方の説がありました。

ドカ食いの翌日の食事
・断食した方がよい説
・断食は逆効果になる説

断食した方がよい説

断食したほうがよい説では、断食によって胃腸を休ませるのが良いというものです。

ドカ食いすることによって、胃腸はとても疲労しています。
食べた時間帯にもよりますが、夕食時のドカ食いだと睡眠中も胃腸は休むことなく働いているわけですよね。

疲れた胃腸を休ませるには、消化の働きをさせないことがいちばん。
つまり、断食してしまうのが最も合理的な休養手段なんですね。

また、ドカ食いによる胃拡張ということもあります。

胃は伸縮する臓器なので、ドカ食いで伸びても元に戻りますが、収縮する時間がいるのです。
食べ物が空っぽの状態を作ってあげないと、縮まるものも縮まないという話なんです。

そりゃあ、縮む間もなく次々に食べていたら、ドカ食いで拡張した胃をキープすることになります。
そうすると、大きくなっている胃袋なのですから、つい食べ過ぎた!ということになりやすいわけです。

確かに、食べる量というのは癖の要素があると思います。
痩せた人と一緒に一日過ごすと、自分は食べすぎだった‥と感じますね。

ちなみに、お腹が空いて「グーッ」となるのは、大きくなりすぎた胃が収縮するときの音なんだそうです。
だから、しっかり「グーグーっ」鳴らして、存分に収縮するまで待ってあげたほうが良いのです。

絶食してはいけない説

検索して調べていくと、絶食は逆効果になるので、してはいけないという説もありました。

絶食によって、一定期間ですが身体は飢餓状態を体験することとなります。
すると、今度入ってきた食べ物を余すことなく吸収しようとするというものです。

確かに、ダイエットを止めるとリバウンドするのはよく聞きます。
食事制限のダイエットでは、9割以上の確率で最初より体重が増えるリバウンドを経験するとか。
怖いですね。

絶食というのは、いわば食事制限ダイエットの極みです。
限りなく、飢餓状態を作り出すことになり、その後に訪れる吸収力は尋常ではない気がします。

しかし、今回はドカ食いの翌日に断食をすべきか?という話です。
1週間とか、1ヶ月とか飢餓状態を続けるダイエットとは違いますよね。

中長期にダイエットを継続するのなら、飢餓を体験した生き物として生存力を高めるかもしれません。

それに、当たり前のことですが、食べ物の持つエネルギーは変化しませんよね。
例えば、常に満腹の人にとってはその食品は100kcalーで、すっごく空腹の人にとっては200kcalーとなって吸収されるとかっておかしくないですか?

飢餓の後はものすごく吸収される説は、そんな話と変わらない気がするんですけど。

ドカ食いをなかったことにするリセット方法

さて、食べちゃったことは仕方がない(^o^)
身にならないようにすれば良いだけです。

ドカ食いをなかったことにするポイントは、やはり、次の日をどうするかにかかっているようです。

・ 過剰に摂取されたカロリーは48時間で脂肪に変わる
・ ドカ食いで胃腸が疲労している
・ ドカ食いによって、水分を溜め込んでいる
・ 胃が一時的でも大きくなっている
・ 代謝が悪くなっている

ドカ食いの後は、このような状態になっています。
これを、できるだけ早く解決するのがドカ食い太りを防ぐことになります。

具体的な策として、いちばん有効なのは、やはり断食ですね。
ただし、断食と言っても「ぷち断食」でも充分効果は期待できます。

ドカ食いは1食として考えれば、とんでもない量かもしれません。
でも、翌日の3食を控えれば、1回の量が多くてもペーできますね。

具体的に、ドカ食いの翌日以降にどんな注意をすればよいのかをまとめました。

胃腸を休めるためにも、1食か2食抜いて白湯だけにしてみる。
絶食明けは、お粥がおすすめです。
お腹が鳴るぐらい、空腹になるまでは食べないようにする。
ウォーキングなどの有酸素運動でエネルギーを溜め込まないようにする。

できれば、しばらくは消化のよいメニューで胃腸をねぎらうのが良いですね。

揚げ物や、太りやすいとされている食べ物は、控えるほうがよいでしょう。例えば、菓子パンやピザ、カツ丼などは高カロリーですね。

また、お肉よりは、魚を食べるほうが太りにくいと言われています。

身体がむくんでいると、老廃物の流れも悪くなりがちです。
水分の排出に役立つカリウムを多く含む野菜を食べます。トマト・ナス・かぼちゃなどです。

有酸素運動は、急激な食欲につながるので避けたほうが良いという説もあるようです。
個人的には、食べすぎた時に散歩したら落ち着くような気がしますが。

お腹が重い時って、そのままの状態で寝るのはマズイ気がするんですよね。
少しでも、消費してから休んだほうが、気のせいでもマシかと。

皆さんはどうでしょうか?

まとめ

ドカ食いをしても、すぐに脂肪が付くわけではありません。
しかし、ドカ食い後にできるだけ早く余剰カロリーを消費した方が良いです。
ドカ食いの翌日は、1食か2食を抜く程度のプチ断食が、胃腸を休ませる意味でも良いようです。

濃い味つけが続くと、体重は増える傾向があります。
ドカ食いの翌日でなくても、薄味にするのが太らないコツかもしれません。