ケトン体ダイエットに停滞期はある?痩せない期間の食事メニューの注意!

ケトン体ダイエットに停滞期はある?痩せない期間の食事メニューの注意!

ダイエットは始めるまでがけっこう大変かも。
明日から始めよう、週末から始めようとか思いますよね。
ケトン体ダイエットは、けっこう厳密に食事制限するので逆に一旦始めるとがんばれるかもしれません。

減量の効果は早いとされていますが、一般的にどのくらいで痩せられるのでしょう?
また、どのくらい続けるものなのかを調べました。
ケトン体ダイエットの停滞期には、食事メニューを見直してみることも必要です。

ケトン体ダイエットの効果が出る時期

他のダイエット方法より、効果が早くあらわれるというケトン体ダイエット。
早い時期に変化があると、励みになって嬉しいですよね。

どのくらいの期間で、どのくらいの減量ができるのかを調べてみました。

実践してみた方の口コミです。

2週間程度続けると、ほとんどの人は3~4キロの減量を達成できるのは本当のようです。

今までの食生活にも大いに関係しているでしょうが、早い人では3~4日で変化があらわれているようです。

Sponsored Link


ケトン体ダイエットをしてもいい期間

ケトン体ダイエットは、糖質を制限して身体に飢餓状態を体験させるダイエット法になります。
身体にとっては、大変な非常事態です。

身体にとってもダメージが大きそうで、怖い気もしますよね。

脳の栄養は糖質だから、ぼーっとしたり計算ができなくなったりとかも心配だし…
しかし、最近の研究では脳の栄養は糖質だけではないことが解明されました。

一日に必要な糖質の量ですが、
総摂取カロリーのうち、タンパク質、脂質はこのくらい必要という科学的根拠を引きます。
そして、足りない分を糖質で補うのが妥当なんではないか…という決めかたの方のようです。

けっこう、適当かも。

とはいえ、極端な制限は長期にすべきではないです。
身体にとってはやはり非常事態ですし、現在のところは解明されていないこともあるかもしれません。

やはり、セオリー通り2週間経過後は、少しずつ糖質を増やしてください。

1週間で糖質を1%増やすのが目安。
そして、最大でも糖質の量は総カロリーの20%以内にします。

急に増やすとリバウンドしやすいと言われているので、ゆっくりと量を調整していきましょう。
有名ジムで、見事に痩せた方、かなりの確率で元通りになっているようです。

ケトン体ダイエットの期間の目安

2週間、糖質20gの食事をする
2週間後から1%程度ずつ増やしてい、最大20%までで目標体重になったら終了。

スタートしてから、2ヶ月程度とする。

ケトン体を作り、エネルギーとして分解するために肝臓が働きます。
肝臓を疲労させないために、ケトン体ダイエットは2ヶ月ぐらいで終了させるのが望ましいようです。

有名ジムでも、2ヶ月となっているのは肝臓のダメージを考えてあるわけです。
なので、几帳面に1%ずつ増やすとするなら、終了まで4ヶ月ほどですが、2ヶ月をめどに一旦は終了するべきですね。

ダイエット期間でチェックしたいポイントは、
体重を現状維持できて、体調も悪くないベストの自分の糖質の量
を知ることです。

これを知ると、日々の食事の目安がわかって体重コントロールができますよね。
ほどよい糖質制限でしたら、健康にも良いことです。

ケトン体ダイエットで、ケトン体からエネルギーを燃焼させる経験をすると、その後もケトン体が使われる身体になると言われています。(ただし、摂取カロリーが多いと太ります)

ケトン体ダイエットの危険性やデメリットは?頭痛や臭いを防ぐ方法も

Sponsored Link


ケトン体ダイエットの停滞期や食事メニューの注意

ケトン体ダイエットでは、ケトン体が血中に出ているケトーシスという状態を維持します。
それは、かなりきっちりと食事の管理ができていないと難しいです。

ケトーシスの状態になっているかは、自分で簡単に検査できる試験紙が発売されていてチェックできます。

ケトン体ダイエットでヨーグルトは食べていいもの?アルコール類はダメ?

ケトン体ダイエットの停滞期

ダイエットというのは、一般的にピタつと体重が減らない停滞期と言われるものがあります。
これは、身体が飢餓の危機か!?と判断して省エネモードになってしまうからです。

ケトン体ダイエットにも停滞期があります。

全然動かない体重計に、なぜ~!?と不思議なほど減らなくて心配になります。
しかし、その一定期間が過ぎると、また体重が減ってきます。

減らない期間も、絶食したりせずに食べ物の管理はしっかりとしていきます。

ケトン体ダイエット停滞期のメニュー

ケトン体ダイエットであまりにも停滞期が長い?と思うなら、食事メニューを再度見直してみましょう。
もしかしたら、体重が減らないのは栄養不足、摂取カロリーの撮り過ぎがあるのかも?

メニューを今一度見直して、原因を探してみましょう。

脂質は足りていますか?

ケトン体を作るには、脂質が必要です。

オリーブオイルやココナッツオイルを摂りましょう。
ナッツのオイルもいいと言われています。

特にココナッツオイルは、ダイエット効果が出やすくなる働きがあります。

タンパク質は足りていますか?

摂取カロリーを抑えると、身体は筋肉を分解してエネルギーに変えようとします。
筋肉が落ちてしまわないように、タンパク質を補ってください。

肉のタンパク質ばかりでなく、魚のタンパク質を多く摂るようにしてみます。
特に青魚はダイエット効果があるとされています。

摂取カロリーが多すぎないですか?

いくら糖質を減らしても、総摂取カロリーが多いと太ります。
事務職の40代女性なら、1,700kcalー程度が標準です。

面倒でも、スケールを使う、計量スプーンを使うようにしてみます。

思っていたより多くとっているかもしれませんよ。
特に、調味料には糖質が多いものがあるので注意します。

塩分をとり過ぎになっていませんか?

調味料には注意しないといけないので、塩の味付けになると思います。

ですが、チーズやマーガリンにも塩はたくさん含まれていますよ。
野菜など、つい塩をたくさんかけていませんか?

高血圧のリスクもあるので、レモン汁を使うなどして塩分のとり過ぎに注意しましょう。

まとめ

ケトン体ダイエットは効果は早く見られ、開始2週間で3キロ程度の減量することも多いです。
ダイエットは2週間後から糖質を増やしていき、だいたい2ヶ月ぐらいで終了します。
食べるものをしっかり管理して行う方法なので、大変さもあります。

ケトン体ダイエットにも停滞期があります。
栄養不足に注意して、食事のメニューを見直すことも必要かもしれません。

ケトン体ダイエットの運動のやり方は?筋肉量を落とさない筋トレや有酸素運動

Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください