ドカ食いしたい時はどうする?ダイエット中の夜のお菓子を止める方法

ドカ食いしたい時はどうする?ダイエット中の夜のお菓子を止める方法

ダイエット中はドカ食いしたくなる

ダイエットでは、我慢がつきもの。
痩せてきれいになりたい気持ちは充分あっても、食欲を抑え続けるのは大変ですよね。

ダイエットでは、極端な食事制限をしては逆効果ということは皆が知っていること。
多くの人が栄養のこと、健康のことを勉強してダイエットに取り組んでいます。

ですから、むちゃくちゃな食事制限にトライすることは少ないと思います。
腹持ちが良くて、満足感がある食事を知っていて、それを食べているはずです。

なのに、「ドカ食いしたい」「ドカ食いが止められない」というお悩みが尽きないのはなぜでしょうか?

私自身もそう。
さほどの制限をしてるわけではないのに、食べたい気持ちが止まらない。

これって、なんででしょう。
よっぽと卑しい?

  • 実際は極端な食事制限などしていないのに、ずっと食べ物のことが気になる
  • やたら我慢している感を感じている

これって、肉体的に身体が栄養を要求しているわけではなく、精神的に食べたい要求があるっていること。

気持ちが空腹というか、
あんまり、食べちゃいけないぞという「小さなストレス」ですね。
これが、とっても手ごわいってこと。

脳というのは、超ナイーブで怠け者なんだそうですね。
ほんの小さなストレスも、脳は敏感に反応して抵抗するらしいのです。

脳の性質
少しでもらくしたい。
少しでも我慢したくない。
慣れないことはしたくない。

ダイエット中は、毎回の食事のたびに、カロリーとか糖質とか考えますよね。
対して制限もできてないのにです。

ちょこっと意識すること自体がストレス。

その、小さなストレスが脳を刺激してドカ食いを誘引しているとも言えそうです。
とすると、なんとも繊細で傷つきやすいものですね。

ならば、自分にもっと優しくしても良いのかもしれませんよ。

そもそも、ドカ食いなんか誰でもしょっちゅうやるものです。
精神的な満足とか、落ち着きとかを重視するとドカ食いの連続は避けられると思うのです。

誰でもドカ食いしたくなる衝動はあるもの
たまにはドカンと食べることも、ダイエットを続けるコツ

問題は、ドカ食いを続けないことです。

夜のお菓子のドカ食いをやめる方法

ドカ食いしても、たまになら大丈夫、太りません。
問題なのは、ドカ食いの癖がつくことです。

私がやってみて、多少なりとも効果があった方法を紹介したいと思います。

ただし、同じ手を繰り返し使うと効果がなくなります。
ランダムにいろんな方法をしてくださいね。

水分を摂る

食べたい気持ちになってきたら、とりあえずお水やお茶を飲んで気持ちを鎮めます。

熱い白湯をゆっくりと飲むと、かなり落ち着くように思います。
梅干し一粒いれた白湯も、すっきりして気を紛らわすことができます。

ウォーキングに行く

自宅にいると、ついつい食べ物に行きそうなら、ウォーキングに行きましょう。

歩いている間は食べませんし、帰ってからも不思議と食欲は落ち着いています。
せっかく歩いたのに、食べたらもったいないと思うせいなんでしょうか?

単純に、気が紛れるせいなのかはよくわかりませんが、我慢しやすくなります。

お菓子の買い置き

食べるものが近くにあると、誰しも食べてみようかな‥という気もしてくるものです。

まずは、視界にお菓子が入らないようにします。
次に、買わないようにします。
更に、余分なお金を持たないようにします。

でも、わざわざ、コンビニにお菓子を買いに行ってしまうようなったら‥
次は、逆パターンをやってみましょう。

以前、食欲を我慢するのに、こんな方法をしている人がいました。

厳格な食事制限が必要な糖尿病の患者さんです。
糖尿病の人の食欲は、強烈なものなんだそうですよ。

その方の我慢の仕方は、見えないようにするのと真逆のやり方なんです。

やり方は、わざとすぐに手に取れるところに、バナナを1本置いておくというもの。
ただ、置いておくだけです。

もちろん、バナナは高カロリーなので1本どころか半分も禁止だとドクターに言われています。

食べてはいけません。

わざと見えて、手に届くところに置いておく。
でも、触れないようにします。
一定期間我慢できたら、気持ちよく捨てる。

こんな我慢の方法もあるのか、と感心しました。
どうするかは、自分の意志、自分との戦いそのものなんですね。

香りの強いハンドクリームを使う

香りがあると、より食欲が増すような気がします。
でも、科学的なものは違います。

ハンドグリームですが、かなり高級なものでないと天然の香料を使っていません。
どんなにお腹がすいていても、一般的なハンドクリームの香りでは、食欲が増すことは無いと思います。

いい匂い~
であって、食べたいとは思わない。

丁寧にハンドクリームを塗った後は、クッキーをつまむ気がしませんよ。

特に、強めのローズ系は、すごくいい香りなんだけど、食欲は減退させるのではないかと思います。

歯磨きをする

食事の後、歯磨きの習慣があればお菓子を食べるのを防げますね。
歯磨きの後は、すっきりとしていますし、食べるともう一度歯磨きする手間がかかります。

こんなに丁寧にしたのに、もう一度するなんて‥というぐらいの丁寧な歯磨きが良いかもしれませんね。

それと、スースーの気持ちよさが続く、強めのミントの香味が良いです。

手持ち無沙汰をなくす

おやつを食べてしまうのに、なんとなく食べるっていうことが多くないですか?
手持ち無沙汰というか、特にすることがないときって、食べることに行きやすいです。

ということは、何か手仕事の趣味とかあると良いですね。
例えば、編み物とか手芸とか、イラストを描くとかの趣味だと良さそう。

おやつをつまむと手が汚れるので、作業している間はおやつしませんね。

記録をつける

食べたもの、体重や体脂肪、運動などを記録します。例えば、一日に食べたものを書き出してみると食べすぎとかに気づきますよね。

でも、記録する内容はさほど重要ではないとも思えるのです。
むしろ、記録して自分を振り返る「その時間」に意味があって、精神的な落ち着きを得られることが大きい気がします。

ですから、ダイエットとは直接関係ない「できたことノート」も良いと思います。

できたことノートとは、どんなに些細なことでも良いので「できたこと」を書き出すノートのことです。
一日を振り返り、自分で自分をほめて自己肯定力を高めます。

我慢できずに食べてしまった-ではなくて
・1つで我慢することができた
・味わって食べることができた
というふうに、肯定的に考えます。

まとめ

ドカ食いは誰にでも経験があるものです。
一度のドカ食いで太る心配はないので、さほど気にすることはありません。

ドカ食いが続かないようにはしたいものです。
我慢の方法は色々とあるので、自分の意志の強さを面白がって俯瞰するのも良いですね。