チートディのやり方で女性の摂取カロリーや頻度の目安は?

チートディのやり方で女性の摂取カロリーや頻度の目安は?

チートディというのは、ダイエットの停滞期を打開するのに使うテクニックです。頑張っているのに減量が進まないとき、チートディを取り入れてみましょう。

あっさり、翌日から効果が表れることも!
チートディのやり方や、実施するときの目安などをまとめました。

チートディとは

ダイエットをしていると、誰もが経験するのが停滞期です。
頑張っているのに、成果が出ないとモチベーションもダウンしてしまいますよね。
そんなときに役立つのが、チートディというテクニックになります。

チートとは「騙す」だますという意味です。

Q 何を騙すのか?
A ダイエットしている身体(脳)を騙すことになります。

ダイエットを続けると、身体に入る栄養が少ない状態が続くことになります。
いわば飢餓状態続くことになりますね。

すると、身体は少ない栄養で何とかやりくりしようとして、「省エネモード」「節電モード」のような状態に切り替わるのです。

そうやって、少しの栄養でパワーを落として生存できる方法を獲得します。
こうなると、今まで減量出来ていた摂取カロリーでは痩せなくなり「停滞期」となります。

辛い思いで食事制限した結果、更に厳しく食事制限をしないとエネルギーを消費できない身体になってしまうって悲しいですよね。

この停滞期を打開するのが、チートデイというテクニックになります。
やり方としては、一時的にたくさん食べます。

たくさん食べることで、停滞期に入ってしまった、または入ろうとしている身体に、「節電モードにしなくても栄養がどんどん入ってくるから普通に代謝して良いんだな!」と思わせるのです。

どーんと栄養を摂ることで、これからも入ってくると騙す。

さらに、ダイエットでは我慢が続くのでストレスも溜まりがちです。
チートデイでは、好きなものをしっかり食べて我慢を開放する日という意味もあります。

時々は好きなものを食べないと、ダイエットは続きませんよね。

でも、今まで食べたいものを我慢していたのに、どーんと食べたら今までの我慢が無駄になりそうで心配。
チートディを失敗したら、ただのキレ食いです^^;

次は、失敗しないチートディのやり方について、詳しく見ていきます。

チートディのやり方

まずは、いちばん簡単なチートディのやり方から紹介します。

好きなものを制限なく食べる日を1日だけ設けることです。

食べるものは、何でも良いのです。
炭水化物でも、脂質でもなんでも、好きなものを食べOKです。

チートディの目的は、「ダイエットのストレスを解消する」こともあるのですが、「停滞期を打開するため」であり、「省エネモードの身体の代謝を通常に戻して、減量を進めること」です。

チートディを行うときの注意
・停滞期になっていないときはチートディを設ける必要はありません。
・日頃からあまり我慢していない場合に、わざわざチートディを設けることもありません。
・中途半端な食べ方では、停滞期を打開する刺激にならない。
・チートディは1日だけで、翌日は元に戻す。

ストイックに食事制限をしてきた人にとっては、チートディはちょっと怖い気もします。

せっかく今まで我慢していたのに、翌日ボンッとリバウンドしそうだし、その増えた分が戻るのに数日かかりそう‥なんか心配です。

チートディって、上手くいく気がしないと思いながら実践してみました。

わたしが実践したチートディのデータ

わたしは、チートディにケーキブッフェに行ったんですよ(^o^)
ダイエット期間中の摂取カロリーは1300kcalーぐらいで抑えていました。
1週間以上、体重が増えたり減ったりで足踏み状態になっていました。

チートディでは朝と夕はいつもの摂取カロリーにして、昼のみをどか食いを決行しました。
食べた量は‥‥凄いよ~お皿はテーブル一杯になりましたワ。
一緒に行った友人は、「よー食べるねー」と呆れてました。

食べたものリスト
・濃厚なチーズケーキ・濃厚ガナッシュ・バター香るタルトなどプチとは言えない位の大きさのケーキ5個
・鶏の唐揚げを10個ぐらい
カレーライスの3種類の味比べ
・オレンジジュースおかわりも
・グリーンサラダをシーザードレッシングで山盛り
・フルーツの盛り合わせで、イチゴ、パイナップル、キーウィ、オレンジ‥

脂質の多いものは、避けるべきかなぁとは思ったのですが‥外食で更にケーキブッフェとかで脂質の低いものなどありません。

なので、逆に思いっきり禁断のモノを選んで食べました。
もうーダメなくらい食べて元をとったら、さすがに夕食は食べられなかったのです。

当日の体重は、2キロぐらい増えていました。
翌日の体重が心配でした。

でも、無茶食べなのに、太ってなかった!
チートディの翌日は太るどころか、逆に500g痩せてた!

その後、数日は連続で少しずつ減量が進み、大成功でした。

やっぱり中途半端にしなかったのが、成功した要因だと思います。
ざっくり計算してみたら、チートディの昼だけで3000kcalーぐらい食べてましたw

チートディの摂取カロリーの目安

チートディの基本的なやり方は、「好きなもの好きなだけ食べる」なのですが、好きなだけの量は人によって違いますよね。

わたしの場合は、昼のみむちゃ食べ3000kcalーしました。
3食に分けないと、3000kcalーも食べれない人も多いかも。
ご飯を好きなだけと、お肉を好きなだけでは、中身が違いますし‥

チートディをただのキレ食いとしないためには、具体的な目安を知っておいた方が安心ですね。
チートディの計算式があるので、目安を知った上で食べましょう。

4種類の計算式があります。

チートデイでの摂取カロリーの計算の仕方
1. 減量中の摂取カロリーの2倍
2. 今の体重×45kcalー
3. 基礎代謝量×3
4. 除脂肪体重×55kcalー

計算式1. 減量中の摂取カロリー×2倍

ダイエットをしている40代の女性の場合は、一般的には1300kcalー~1500kcalーぐらいに抑えていることが多いと思います。
1300kcalーって、かなり気遣った食事でないと難しいですよね。

摂取カロリー×2倍なので、
1300×2=2600kcalー

チートディでは、2600~3000kcalーぐらいですね。
3000kcalーというと、かなりガッツリです。

計算式2. 今の体重×45kcalー

この計算式がいちばん簡単です。

体重が50キロの人なら、
50×45=2250 2250kcalー

計算式3. 基礎代謝量×3

基礎代謝量は、今どきの体重計では表示されます。
だから、3倍するだけでサクッと目安量が計算できますね。


体重計 タニタ 体脂肪計 体組成計 FS-101 | 送料無料 おしゃれ コンパクト ヘルスメーター かわいい 内蔵脂肪 ガラストップ ガラス デジタル シンプル タニタ食堂 たいじゅうけい クリスマス プレゼント TANITA

ダイエットに本気なら、体組成計タイプ体重計は必須ですよね。

ちなみに基礎代謝量の40代女性の平均は、1150kcalーとなっています。
 日本人の基礎代謝基準値

1150kcalーあると生きていけるんだ!と思うと、普段は栄養摂りすぎだな。
実際には、これに労働の程度がどのくらいあるかも考慮しなければいけませんが。

でも、計算は簡単で
1150kcalー×3倍=3450kcalー

計算式4. 除脂肪体重×55kcalー

除脂肪体重ってなんだ?と思われる方も多いと思います。
言葉通りですが、体の中の脂肪を除いた体重のことです。

体脂肪率がわかれば、除脂肪体重を計算することができます。

除脂肪体重を出す計算式は、
体重-(体重×体脂肪率)=除脂肪体重

体脂肪率も今どきの体重計は出ますので、除脂肪体重もサクッと計算できます。
例えば、体重50キロで、体脂肪率25%ならば、
50-(50×25%)=37.5kg
37.5kgが除脂肪体重です。

チートディの目安は除脂肪体重×55kcalーなので、
37.5kcalー×55kcalー=2062.5kcalー

4種類の計算式に当てはめると、自分の目安となる摂取カロリーが出てきます。

おすすめとしては、いちばん簡単な計算式2
 現在の体重×45kcalー

これで出たカロリーを目安として、食べましょう。
40代で50キロ位では、少なくとも、2,000kcalー以上を食べないとチートディにならないみたいですね。

女性のチートデイで頻度の目安

チートデイで1日に摂取するカロリーの目安がわかったら、次はどのくらいの間隔でチートディを行うかですね。

これは、体脂肪率を目安とするのが一般的のようです。

体脂肪率頻度の目安
30%以上基本的にチートデイは無し
30%〜25%3〜4週に1回
25%〜20%2〜3週に1回
20%〜15%1〜2週に1回
15%〜10%週1回
10%以下週1〜2回
チートディの頻度の目安

わたしの場合は、チートディのその効力はだいたい1週間とか10日ぐらいしか続きませんでした。
体脂肪率は25%〜20%の範囲なので、感覚的にも停滞期に入ってるな~と感じてからチートディを行うのが良いようですね。

他にも、チートディの応用のやり方があります。

・ローカロリーの日を2日、ハイカロリーの日を1日と繰り返して波を作る方法
・チートディで食べるものは炭水化物と限定する方法
・停滞期に入る前に、1週間毎にチートディを設ける方法

チートデイの頻度は、人それぞれ。
自分にあった頻度は、自分のデータが教えてくれます。

ダイエットの成功の鍵は、「記録」だと思うのです。

まとめ

チートディとは、ダイエットの停滞期を打開するためのテクニックです。
チートデイのやり方は、いつもの食事の2倍から3倍を食べることです。

摂取カロリーの目安は、簡単な計算式で調べることができます。
チートデイの頻度は、体脂肪によって決めることが多いようです。