美尻を作る筋トレでボールペンを使うやり方とは?簡単エクササイズ

美尻を作る筋トレでボールペンを使うやり方とは?簡単エクササイズ

おしりの形を気にする人が増えてきて、テレビでもヒップアップしたきれいなおしりを作る方法が特集されることが多くなりました。
今回は「あさイチ」でも紹介された、ペンを使うおしりのためのエクササイズのやり方をまとめました。考案したのは、整体師の久嬢由起子さんです。

美尻を作る筋肉とは

美尻を作るエクササイズ「美尻エクササイズ」を考案したのは、整体師の久嬢由起子さんです。
美しい方ですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YUKIKO KUJYO 久嬢由起子さん(@yukikokujyo)がシェアした投稿

おしりも引き締まっていて、ラインがとってもキレイです。
こんな、可愛らしい人がおしりにペンを挟むことを広めているんですね。

久嬢由起子さんは、整体講師や食育アドバイザーなど多彩な資格でミス・ユニバース講師としても活動中です。

肛門挙筋を鍛える

彼女の考案した「ペン挟みエクササイズ」は、肛門挙筋(こうもんきょきん)を鍛える方法です。
肛門挙筋とは、名前のとおり肛門周辺の筋肉のことで、ここを鍛えるとヒップアップ以外にも、ウエストの引き締めや尿もれにも効果があるといいます。

肛門挙筋(こうもんきょきん)とは、
肛門の周囲に位置する恥骨尾骨筋腸骨尾骨筋恥骨直腸筋総称骨盤底筋の一つで、骨盤隔膜を構成し、骨盤内臓を支持する。

引用:https://kotobank.jp

肛門の周りには、いくつもの筋肉が重なるようにして取り巻いています。
この筋肉は内臓を下支えしていて、衰えると内臓下垂に繋がりポッコリお腹の原因にもなります。

また、骨盤の角度やきれいな姿勢にも影響のある大事な筋肉なのです。
ここをしっかり使って鍛えると、痩せやすい身体になるそうです。

肛門まわりの筋肉を鍛えるのに、おしりでペンを挟むのが最適というわけです。

Sponsored Link


ボールペンを使うエクササイズのやり方

使用するペンは、グリップに滑り止めが付いたものが良いそうです。
慣れてくると、無くても落とさずにできようになります。

ペン挟みエクササイズは、3つのステップがあります。
順に難しくなってきます。

1. ペンを挟んで締める

やり方

1. ペンをおしりの割れ目に挟みます。
2. キュッと力を入れて、ペンを落とさないようにします。
3. 8秒キープします。

8秒を3セット

おしりの割れ目に挟むって、???
こうです。

https://www.instagram

2. ペンを挟んで足踏み

やり方

1. おしりにペンを挟みます。
2. ペンを挟んだまま、ひざを上げて足踏みをします。

8歩を3セット

おしりにペンを挟んだままの足踏みって、ペンが落ちそう‥
ひざの高さは、これくらいです。

https://www.instagram

3. ペンを挟んで四つん這い

やり方

1. 四つん這いになります
2. ペンをおしりに挟みます
3. ペンを落とさないように、左右にお尻をフリフリします

3セット

ペンを落としてしまうときは、手で持って行います。
慣れてくると、落とさずにできるようになります。

動画‥ないんですよねぇ

ペン挟みエクササイズの感想

詳しいエクササイズの方法はこちらの本をどうぞ
この表紙を見るだけで、やらなきゃという気がしてきます。

ボールペンをおしりに挟むのは、生尻(パンツ無し)の状態でないと無理と思いました。
でも、意外にもパンツ上でも、落とさないようにすることってできるんですね。

ただ、デニムとか厚地のパンツの場合は難しいです。

  • 誰でも持っているペンで、自宅でいつでもエクササイズができる
  • 人知れず鍛えることができる

これが良いところですね。

デメリットを上げるとしたら、見た目が悪いということでしょうか・・・
自宅ででやるから関係ないですけど、トレーニングの様子とかSNSにアップとかはやりにくいですよね。

なので、はやりにくいタイプのエクササイズだと思います。

それと、肛門挙筋は大切な筋肉ではありますが、さほど大きい筋肉ではありません
そして、見えるところにある筋肉でもありませんよね。

なので、鍛えても効果が見えにくいいうことがあると思います。
例えば大殿筋などは、もともと大きい筋肉ですし身体の表面に見えるし、さわれる筋肉なので変化がわかりやすいですよね。

それに‥変ですけど肛門挙筋に負荷ってかけれませんよね?
どうやって、負荷かけるんだぁ‥ペンを縦にするとか、2本にするとか?

ある程度の負荷をかけないと、筋肉は強く大きくなっていかないものです。
ですから、はた目にもわかるほどのペン挟みの効果というのは、かなり難しいのではないかと思いました。

ペンを挟むのは、肩甲骨か脇の下と思っていたので、新たな発見でした。

まとめ

ボールペンを挟むだけという、簡単でわかりやすい方法のエクササイズです。
肛門周辺の筋肉(肛門挙筋)を鍛えることで、ヒップアップや痩せやすくなる効果が期待できます。
ボールペン無しで、いつでもどこでも、人に知られずに鍛えることが可能です。

可愛い顔して、おしりにペンを挟むって‥う~ん、世の中やったもん勝ちのところがありますね。
令和の時代は、「突き抜けて楽しむ人生を見せる」ことに価値があるんでしょうね。

Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください